育児中の腰痛はなかなか治療に踏み切れませんだからマットレスを!

育児中の腰痛はなかなか治療に踏み切れませんだからマットレスを!

現在3歳の娘を育てている専業主婦です。妊娠中から腰痛に悩まされていたのですが、産後も未だに腰痛が治りません。娘はどんどん重くなりますし、まだまだ抱っこをしてほしい年齢なので毎日辛い思いをしています。
妊娠中、腰痛の症状が出始めたのは妊娠6か月の頃からでした。尾てい骨の右側にピリッとした痛みが走り、ひどい時には歩けないほどでした。でも、妊娠中の腰痛は仕方のないもの、出産したら治るだろうと思い、妊婦用の骨盤ベルトで対処し、特に積極的な治療は行いませんでした。時々、主人にマッサージしてもらうと楽になりました。
産後、娘を長時間抱っこする毎日が続きましたが、0歳?1歳の比較的体重が軽い時期には腰痛はあまり感じられませんでした。知り合いは、抱っこ紐を長時間使うと腰痛が出ると言っていて、私もそれを恐れていましたが、幸い娘が小柄だったせいか抱っこ紐を長時間付けて外出しても腰痛は気になりませんでした。
この頃は腰痛は妊娠中のマイナートラブルであって、もう自分が腰痛で悩むことはしばらくないだろうと思っていました。
再び腰痛が気になり始めたのは娘が1歳半を過ぎた頃です。体重が10キロを超え、寝かしつけ時の長時間の抱っこがかなり辛くなってきました。同時に、妊娠中に腰痛を感じていた尾てい骨の右側がまた同じように痛み始めました。
痛みを感じたからといって、寝かしつけ中の娘を降ろすわけにもいきませんし、寝かしつけ以外の場面でも抱っこを降ろすと娘が泣き始めるので、痛みを感じながらも抱っこを続けていました。まだ授乳中だったため、湿布などの貼り薬も使えずただひたすら痛みに耐えていました。
マッサージや整体、整形外科などに行くことも考えたのですが、娘を連れての受診は難しく、通院のたびに娘を預けるわけにも行かなかったので時々自宅でストレッチをするくらいしか対処法がありませんでした。
一度、ヨガを長年やっている友達に会った時に「右足だけガニ股だからきっと右の骨盤が開いてるよ。早めに整体に行った方がいいよ。」と言われたのですが、やはり整体に通う余裕がなく、放置しています。友達の指摘を受け、時々歩きながらお店の窓などに映る自分の姿を見ると確かに右足だけガニ股です。右の腰ばかり痛くなる原因はこれかなと思いました。
娘も日に日に重くなりますが、以前に比べると抱っこの頻度は減りました。腰痛は相変わらず、抱っこの時や重いものを持った時、ヒールの靴を履いた時などに感じます。娘が幼稚園に入園し、一人の時間が取れるようになったら本腰を入れて治療したいなと思っています。

そんな時は山本昌さんがおすすめしていたモットンのマットレスを使うのが効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です